写真

宮本 好

チーフ/防災士
一般社団法人まちのね浜甲子園 事務局
得意分野:防災減災、ボランティア文化の醸成、地域創生

1995年兵庫県神戸市生まれ。阪神・淡路大震災の年に誕生。防災を専門に学ぶ学科がある兵庫県立舞子高等学校環境防災科卒業。被災地支援・地域行事などのボランティア活動を通して、どのような状況であっても『誰もが「生きたい」と思える社会』をつくりたいという思いを抱き、神戸学院大学人文学部へ入学し、防災教育や社会貢献の分野に注力しながら、支援の在り方について学ぶ。2017年に卒業し、同年NPO法人プラス・アーツに入社。地域防災活動の活性化支援に従事し、防災訓練やイベントの企画・運営支援、防災の普及における効果測定などを担当する。地域にファミリー型の防災訓練を普及させるため、地域主体かつ持続可能な支援を、全国・海外で延べ30地域以上へ展開してきた。

より良いコミュニティを創るための人づくりや場づくりを通じて、地域課題解決に取り組みたいと考え、HITOTOWA INC.へ入社。これまでの地域支援・防災活動の経験を活かし、現在は、一般社団法人まちのね浜甲子園の事務局として、エリアマネジメントに従事している。

趣味は、習い事だった書道とながら作業中のラジオ。

Certification
防災士

関連するプロジェクト
まちのね浜甲子園
マンション防災FINE BOX(京阪電鉄不動産)
Community Crossing Japan
サッカー防災

HITOTOWA

HITOTOWA

人と和のために仕事をし、企業や市民とともに、都市の社会環境問題を解決します。 街の活性化も、地域の共助も、心地よく学び合える人と人のつながりから。つくりたいのは、会いたい人がいて、寄りたい場所がある街。そのための企画と仕組みづくり、伴走支援をしています。

http://hitotowa.jp/

人と和のために仕事をし、企業や市民とともに、都市の社会環境問題を解決します。 街の活性化も、地域の共助も、心地よく学び合える人と人のつながりから。つくりたいのは、会いたい人がいて、寄りたい場所がある街。そのための企画と仕組みづくり、伴走支援をしています。

HITOTOWA

この記事を読んだ方におすすめの記事

Interview

HITOTOWAを深掘り