NEXT POST

2017.11.11 / 「みんなの防災まつり」in 汐入公園

2017-12-07

11月11日、南千住の汐入公園にて、東京都公園協会主催の「みんなの防災まつり」が開催され、social football COLOとして、ディフェンス・アクションを実施してきました!

風がときおり冷たく感じるものの、当日はきれいな秋晴れ。

防災まつり開始の10時から近所にお住いの方々がチラホラ、公園にやってきます。

 

当日実施したディフェンス・アクションは、子どもに大人気の「colo coloボーリング」と防災備蓄品を覚えながらパス練習をする「パス・ストック」です。

colo coloボーリングでは、例えばこんな問題が出ます。

======================

問題:津波によって人が動けなくなるのは、どのくらいの高さの津波?

① 1メートル

② 50センチ

③ 30センチ

======================

わかりますか?正解は「③ 30センチ」なんです。

「そんな高さで!?」と驚いた方ももしかするといるかもしれません。

30センチというと、大人の膝下ぐらいの高さですが、津波には流れがある分、余計に強い力がかかり、30センチという高さで動けなくなってしまいます。

 

こんな問題を出しながら、親子で、時には子どもたちだけで「うーーーん」と言いながら考え、正解だと思ったボーリングのピンを蹴って倒します。

うまく倒れたら、COLOスタッフとお決まりのハイタッチ!

正解して嬉しそうな子どもたちの表情がとても印象的でした。

 

パス・ストックには10数名の子どもたちが参加してくれました。中には、一度昼ご飯を食べて、わざわざ時間になって戻ってきてくれた子も!

まずはじめに、インサイドキックの練習。ボールをちゃんと蹴るところから学びます。

 

そのあとは、防災備蓄品リストを見ながら、防災備蓄品を覚えます。

 

「これはなんで必要なの?」と子どもたちが聞いてくれたり、

「ここまでは用意できてないな」という声がお父さんから聞こえてきたり、

普段あまり気にすることが少ない「防災」だからこそ、ディフェンス・アクションとして、サッカーと一緒に学ぶことで楽しみながら、防災について考えることができました。

 

100名を超える方に参加いただけた今回のみんなの防災まつり。

他の物事と一緒で何かきっかけがないと始められないというのは、防災・災害への備えも同じだと考えています。より多くの方々へのきっかけづくりをこれからもCOLOの活動、ディフェンス・アクションを通じて行っていきます。

 

文:津村 翔士

撮影:五月女 郁弥

 

キーワード

social football COLO

“social football COLO”はサッカー、フットサルといったフットボールを通じた社会貢献を行うために結成されました。 世界で最も競技人口が多く、最も愛されているスポーツのひとつであるフットボール。その魅力を活かし、復興支援とこれからの防災減災に取り組むことにしました。想いを込めて応援する、そして、その先の感動をともに。

http://colojapan.asia

social football COLO