2019-01-01

代表メッセージ:HITOTOWA 8周年のご挨拶

新年あけましておめでとうございます。旧年中は格別のご愛顧を賜り感謝申し上げます。

2010年に助け合える街、人々の関係性をつくるために「人と和」を創業しました。それから月日が流れ、こうして節目の8周年を迎えられたこと、大変嬉しく、大変感慨深く思っております。

当時は私一人の会社であり、出来ることが限られる中で必死にもがいていたように思います。もがきながらも前に進んで来られたのは、皆様のおかげです。仕事を通じて、学び、励まされ、喜びを感じ、また悔しさも感じ、少しずつHITOTOWAというものが育まれてきたように思います。

心より、皆様に御礼申し上げます。

2019年1月1日現在。一般社団法人まちにわ ひばりが丘、まちのね浜甲子園という弊社が運営するエリアマネジメント組織や業務提携パートナーも含めて、30名弱の職員規模となりました。これだけの方々と「人と和」のために従事できるのは、これ以上ない喜びを感じています。

そして何より同時に多くのプロジェクトを通じて、街に貢献できていることが嬉しい。当然に大変なことや苦労も少なくありませんが、つらければつらいほど、がんばろう、乗り越えようと思えてきます。それはやっぱりこの仕事が好きだからなのでしょう。

好きな仕事を好きな仲間や皆様と、一緒に壁を乗り越えて共助の街をつくる。こんなにもやりがいのあることはありません。新年も共助の街をつくるために、ネイバーフッドデザイン事業、ソーシャルフットボール事業を究める、という気概を持って仕事に取り組んでまいります。

本年もHITOTOWAを、どうぞよろしくお願い申し上げます。

2019年1月1日

HITOTOWA INC.
代表取締役 荒 昌史

キーワード
HITOTOWA

HITOTOWA

人と和のために仕事をし、企業や市民とともに、都市の社会環境問題を解決します。 街の活性化も、地域の共助も、心地よく学び合える人と人のつながりから。つくりたいのは、会いたい人がいて、寄りたい場所がある街。そのための企画と仕組みづくり、伴走支援をしています。

http://hitotowa.jp/

人と和のために仕事をし、企業や市民とともに、都市の社会環境問題を解決します。 街の活性化も、地域の共助も、心地よく学び合える人と人のつながりから。つくりたいのは、会いたい人がいて、寄りたい場所がある街。そのための企画と仕組みづくり、伴走支援をしています。

HITOTOWA

この記事を読んだ方におすすめの記事

Interview

HITOTOWAを深掘り