2020-01-09

【プレスリリース】京阪電鉄不動産「FINE BOX」

京阪電鉄不動産株式会社が、阪神・淡路大震災から25年となる2020年1月17日(金)より、マンション防災プログラム「FINE BOX」を始動します。
居住者・デベロッパー・管理会社・管理組合が手を取り合い「和(輪)になる」思いを「和ごころ」に込め、もしもの時の不安を解消しつつ住まいと暮らしを包み込むことをコンセプトにしています。

「FINE BOX」は建物や設備、共用備蓄での災害対策や、居住者様同士のコミュニティ醸成だけでなく、もしもの時のマンション特有の不安不便を解消する防災アイテムのご提供 や、マンションならではの防災組織の立ち上げまでをサポートする防災プログラムです。

HITOTOWA INC.では「FINE BOX」の企画監修を行いました。
さらに防災組織づくりに取り組む管理組合運営を支援していきます。
2020年3月に竣工する「ファインエクストラシティ」(大阪市東淀川区)をはじめ、マンションブランド「ファイン」シリーズ関西圏の物件より導入されていきます。
1月17日には公式WEBサイトもオープンします。

詳しくはプレスリリースをご覧ください。

キーワード
HITOTOWA

HITOTOWA

人と和のために仕事をし、企業や市民とともに、都市の社会環境問題を解決します。 街の活性化も、地域の共助も、心地よく学び合える人と人のつながりから。つくりたいのは、会いたい人がいて、寄りたい場所がある街。そのための企画と仕組みづくり、伴走支援をしています。

http://hitotowa.jp/

人と和のために仕事をし、企業や市民とともに、都市の社会環境問題を解決します。 街の活性化も、地域の共助も、心地よく学び合える人と人のつながりから。つくりたいのは、会いたい人がいて、寄りたい場所がある街。そのための企画と仕組みづくり、伴走支援をしています。

HITOTOWA

この記事を読んだ方におすすめの記事

Interview

HITOTOWAの声