2019-10-03

2019.08.24大和市防災フェスタ_サッカー防災®︎ディフェンス・アクションイベント開催レポート

==「大和市防災フェスタ2019 サッカー防災®ディフェンス・アクション」イベント概要==
日時:2019年8月24日(土)
場所:引地台公園 令和広場
ゲスト:田中智則様(横浜F・マリノス、大和校リーダー)・マリノスケ
    竹村麗様(大和シルフィード運営・広報担当)
プログラム内容:ディフェンス・アクション
主催:大和市役所 市長室 危機管理課
企画・運営:social football COLO(HITOTOWA INC.)
======================================

2019年8月24日(土)大和市役所市長室危機管理課の主催する
防災フェスタ2019において、サッカー防災®ディフェンス・アクションを開催致しました。

大和市にある引地台公園令和広場で行われたイベントには、
素敵な3名のゲストに来ていただき、大和市民の皆さまと一緒にサッカーを楽しみながら、防災について学んでいただきました。

<横浜F・マリノス>

・田中 智則(たなか とものり)さん

・マリノスケ

<大和シルフィード>

・竹村 麗(たけむら れい)さん

横浜F・マリノスは、2017年から大和市がホームタウンとなり、
大和シルフィードは、2015年から、地域での社会貢献活動を行なっております。

ゲストの方々からも、
「防災についてしっかり学び、被災時の備えを行いたい。」
という言葉をいただきました。

素敵なゲストを前に子どもたちも真剣です。

そしていよいよサッカー防災®ディフェンス・アクションが始まります。

今回のディフェンス・アクションには総勢40名を超える保護者、子どもたちが参加していただきました。

最初に行ったディフェンス・アクションは、
おなじみ「ファースト・アクション」です。

ウォーミングアップを兼ねながら、
災害時の初期行動を素早く行うのがこのゲーム。

災害のパネルがスタッフから掲げられ、パネルに応じたアクションを行います。

コート内をみんなでジョギングします
【地震】が発生したと想定し、頭と目を守ってその場にしゃがみます。
【津波】が発生しました。高台(コートの反対側を高台と想定)に全力で逃げましょう。

災害が発生したときは、とっさに取るべき行動=初期行動がとても大事になります。
自分自身の命を守る為に、適切な初期行動を学んでいただきました。

次は、ゲストよるサッカークリニックを行いました。

横浜F・マリノスの田中さんは、小学生たちのスクールコーチとして
日々、大和市の子どもたちにサッカーを教えています。

子どもたちは、真剣に田中さんのアドバイスを聞いています。

インサイドキックやアウトサイドキックなどサッカーのパスの種類・蹴り方を
レクチャーしていただき、2、3人のチームでパスの練習を行いました。

練習の中で、竹村さんからも「インサイドのこの面で蹴ると良いよ!」
「軸足の位置はここ!」など、本格的なアドバイスをもらうことができ、
子どもたちも 必死に、一生懸命正確なパスを出そうとしています。

みんなでパスの練習。初めてボールを蹴る子どもも一生懸命です。
こっち!パス!と元気な声が響き渡ります。

次に行ったのは、備蓄品を答えながら、パスを出す、「パス・ストック」です。
パスを通せた本数、つまり答えられた備蓄品の数をチームで競う、というゲームです。

まずは、チームで協力してリストから備蓄品を覚えます。
マリノスケも真剣に覚えています。
そして本番タイム。苦戦しながらもチームで備蓄品を1つずつ答えて、パスをつなげていきます。
サランラップ!ティッシュ!などの備蓄品がどんどん出てきます。

笑顔が溢れながらも、チームの勝利を目指して、真剣に取り組みました。
備蓄品がなかなか言えない子がいると、チームの子が教えてあげたりするなど
災害時に必要なコミュニケーションも学ぶことができました。

ディフェンス・アクションが作り出す、
楽しみながら防災を学ぶ風景が広がっていました。

そして司会を務めたsocial football COLO事務局の原田から、

「災害時は、多くの備蓄品が必要で、様々な使い方があります。
災害が起きると、断水する可能性があり、水を使用することができなくなる
可能性があります。そういった場合に、ご飯を食べる時に、サランラップをお皿に巻くことで、お皿を汚さず使用でき、
次のご飯を食べる時も綺麗なお皿を使うことができます。」

と、防災の知識をお伝えさせていただきました。

ゲストの田中さん・竹村さんに感想を聞くと、

「サッカーと一緒に防災を学ぶことができた。」
「なかなか防災の取り組みができていないので、今日の学びを実践していきたい。」

といった言葉をいただきました。

ゲストの方々にも、防災をしっかりと学んでいただきました。

ご参加いただいた皆様、
ご協力いただいた関係者の皆様、ありがとうございました。

social football COLOは、今後もサッカーの魅力を生かし、
防災に興味・関心をもってもらえるよう、様々な活動にチャレンジして参ります。

ご参加していただきまして、ありがとうございました。
キーワード
social football COLO

social football COLO

“social football COLO”はサッカー、フットサルといったフットボールを通じた社会貢献を行うために結成されました。 世界で最も競技人口が多く、最も愛されているスポーツのひとつであるフットボール。その魅力を活かし、復興支援とこれからの防災減災に取り組むことにしました。想いを込めて応援する、そして、その先の感動をともに。

http://colojapan.asia

“social football COLO”はサッカー、フットサルといったフットボールを通じた社会貢献を行うために結成されました。 世界で最も競技人口が多く、最も愛されているスポーツのひとつであるフットボール。その魅力を活かし、復興支援とこれからの防災減災に取り組むことにしました。想いを込めて応援する、そして、その先の感動をともに。

social football COLO

この記事を読んだ方におすすめの記事

Interview

HITOTOWAの声