写真

高村 和明

ディレクター/防災士
一般社団法人まちにわ ひばりが丘 事務局長
得意分野:エリアマネジメント、コミュニティスペース、マンションコミュニティ、防災減災、子育て支援、環境問題

1985年生まれ。埼玉県所沢市育ち。県立川越高校出身。2005年に東京学芸大学環境教育専攻に進学。大学時代は学業の傍ら、同大学のサークルちえのわに所属し、子どもたちを対象とした自然体験教室を企画運営。サークル運営を通して稲作や畑作、野外活動のスキルを学ぶ。また、2006年からは、NPO法人GoodDayに所属し、ビーチクリーンや森づくり、チャリティイベントなど、参加型の自然体験・環境イベントの企画運営に携わる。

2009年に株式会社コスモスモアに入社。モデルルルーム設営事業に従事しながら、同社のCSR推進室に2012年から兼務となる。主に環境活動を担当し、さらに、東日本大震災を機に、復興支援の取り組みを推進。また、2013年から元サッカー日本代表の加藤久さんがリーダーを務める「陸前高田クラブハウス建設プロジェクト」にコスモスモアの代表として参画し、プロジェクトマネジメントや設計サポートを行った。

2014年9月からHITOTOWA INC.に所属。建築、環境問題、イベント企画運営の知識やスキルを活かし、ネイバーフッドデザイン、CSRコンサルティング、ソーシャルフットボールの現場統括を担当。その後、一般社団法人まちにわ ひばりが丘の現地常駐事務局長に着任。団地建替に伴うエリアマネジメントの推進役として、コミュニティセンター「ひばりテラス118」の施設運営を行いながら、住民同士が「普段楽しく、困ったときに助け合える」関係性を築くためにサポートを行っている。現在は、2020年度からの近隣住民主体での法人運営にむけて引き継ぎを進めている。

サッカー、スキー、キャンプ、そして畑作業や庭の手入れなど植物に関わることが好き。常駐型のエリアマネジメントのスタートアップメンバーとして様々な街づくりに関わり、街同士が支え高め合う関係性づくりの起点となる存在になっていきたい。

Award
2016年グッドデザイン賞(一般社団法人まちにわ ひばりが丘として受賞)

Certification
防災士

関連するプロジェクト:
まちにわ ひばりが丘
イニシア所沢

HITOTOWA

HITOTOWA

人と和のために仕事をし、企業や市民とともに、都市の社会環境問題を解決します。 街の活性化も、地域の共助も、心地よく学び合える人と人のつながりから。つくりたいのは、会いたい人がいて、寄りたい場所がある街。そのための企画と仕組みづくり、伴走支援をしています。

http://hitotowa.jp/

人と和のために仕事をし、企業や市民とともに、都市の社会環境問題を解決します。 街の活性化も、地域の共助も、心地よく学び合える人と人のつながりから。つくりたいのは、会いたい人がいて、寄りたい場所がある街。そのための企画と仕組みづくり、伴走支援をしています。

HITOTOWA

この記事を読んだ方におすすめの記事

Interview

HITOTOWAを深掘り