写真

奥河 洋介

関西支社長/防災士
一般社団法人まちのね浜甲子園 事務局長
得意分野:住民自治、エリアマネジメント、防災減災

兵庫県西宮市出身。大学では体育会ラグビー部に所属し、チームで目標に向かって取り組む。富士通株式会社に入社し、首都圏にてITシステム導入の営業を4年半に渡り担当。

その後、JICA青年海外協力隊で途上国の村落部(西アフリカ・セネガル)、高齢化の進む集落(兵庫県養父市)、東日本大震災後の被災地(宮城県南三陸町)、校区自治組織の中間支援組織(大阪市淀川区まちづくりセンター)に関わり、住民自治の現場で主体性を育む取組みを重ねてきた。

ネイバーフッドデザインの考え方に共感して加わったHITOTOWA INC.では、生まれ育った西宮市にある浜甲子園団地周辺でのエリアマネジメントのプロジェクトを主管。

一般社団法人まちのね浜甲子園の事務局として、地域のコミュニティスペースHAMACO:LIVINGににて、困った時に近所で頼れるつながりのある暮らしづくりのサポートを行う。住民の方々とのコミュニケーションを丁寧に取りながら、声を事業に繫げ、地域に根づくように努める。
その他、関西を拠点にネイバーフッドデザインやマンション防災のプロジェクトに関わる。
育まれた近所の繋がりにより、様々なストーリーが生まれていることにやりがいを感じている。

ラグビー、阪神タイガース、山登り、カレーライス、ビールが好き。
徹底的に地域に寄り添う外部者として、関わる人たちと向き合いながら、地域に追い風をつくるような存在になっていきたい。

Award
2019年都市住宅学会長賞(一般社団法人まちのね浜甲子園として受賞)

Certification
防災士
生涯学習開発財団認定ワークショップデザイナー

関連するプロジェクト
まちのね浜甲子園
マンション防災FINE BOX(京阪電鉄不動産)
Community Crossing Japan
サッカー防災

HITOTOWA

HITOTOWA

人と和のために仕事をし、企業や市民とともに、都市の社会環境問題を解決します。 街の活性化も、地域の共助も、心地よく学び合える人と人のつながりから。つくりたいのは、会いたい人がいて、寄りたい場所がある街。そのための企画と仕組みづくり、伴走支援をしています。

http://hitotowa.jp/

人と和のために仕事をし、企業や市民とともに、都市の社会環境問題を解決します。 街の活性化も、地域の共助も、心地よく学び合える人と人のつながりから。つくりたいのは、会いたい人がいて、寄りたい場所がある街。そのための企画と仕組みづくり、伴走支援をしています。

HITOTOWA

この記事を読んだ方におすすめの記事

Interview

HITOTOWAを深掘り