2022-04-22

【実施レポート】日本初!防災ホッケー教室を開催しました

==イベント概要=============================

日時:2022年4月10日(日)13:00〜14:30
場所:品川区立天王洲公園
ゲスト:藤尾 香織さん(アテネ、北京、ロンドン五輪3大会出場)
    小林 真由美さん(北京、リオ五輪2大会出場)
    浅野 祥代選手(ロンドン、リオ、東京五輪3大会出場)
主催:しながわ運河まつり実行委員会・NPO法人なぎさの会
企画・運営: social football COLO(HITOTOWA INC.)

=====================================

東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会においてホッケーの会場が品川区とされたことを契機に、これまでホッケーの普及・啓発を推進してきた品川区。

これまで、social football COLOは、サッカーでのディフェンス・アクションを何度も品川区内で開催させていただきました。

「品川区と縁が深いホッケーでも、防災を学ぶことができないか。」

そのようなご相談を受け、今回は「防災ホッケー教室」として、ホッケー版ディフェンス・アクションを品川区で開催しました。
ホッケーでの開催は日本で初めてです!

当日はしながわ運河まつりのプログラムとして実施したため、開催前にはホッケー体験をしている子どもたちがたくさんいました。

続々と参加者が集まってきて、いよいよ開会。

約40人の子どもたちに参加してもらいました。

そして今回は、藤尾 香織さん、小林 真由美さん、浅野 祥代選手。
なんと3人のオリンピアンにゲストとしてお越しいただきました! 豪華すぎる顔ぶれです。

当日実施したプログラムは以下のとおり。
・ディフェンス・アクション「ファースト・アクション」
・ゲストトレーニング
・ディフェンス・アクション「パス・ストック」 

ゲストトレーニングでは、まず最初にスティックの握り方から教えます。

ホッケーをすることが初めての参加者に経験者が優しく握り方を教えてあげている様子が印象的でした。
そのあと3種類のメニューを実施していただきましたが、最後に行ったのが、東京2020大会にも出場した浅野選手をゴールキーパーに迎えての「ペナルティストローク」の練習。

ペナルティストロークとは、サッカーでいうペナルティキック。

サッカーと比べたらキーパーとの距離が近く、また、シュート時のボールスピードは時速 150~200 km 近くにもなるため、その迫力が見どころです。
もし浅野選手の手足を抜けてゴールできたらオリンピックに出られるかも!?ということで子どもたちもやる気満々でした。

最後のプログラム、パス・ストックでは、周りで見学しているお母さん・お父さんにも備蓄品リストをお渡しし、ご覧いただきます。

各チームのパスの回数発表をした後は、備蓄品について簡単にレクチャー。
トイレの備蓄の必要性についてお話しさせていただきました。

最後に、「しながわの わ!」を合図に全員で記念撮影。

そしてしながわ防災ハンドブック、防災地図、品川区防災課さんからいただいた備蓄食をプレゼントしました。

防災地図を受け取った保護者の方からは「これ欲しかったんだよねー」という声も。

「初めてホッケーもできたし、防災も知ることができてよかった」
「防災意識が高まった」
といった感想を、閉会式の際に子どもたち自身の口から聞くことができました。

ホッケーでの実施は初めての挑戦でしたが、サッカーだけでなく様々なスポーツを通じて防災を広めていける、という確信を持てた一日でした。

social football COLOは新しい挑戦をこれからも続けていきたいと思います。

キーワード
social football COLO

social football COLO

“social football COLO”はサッカー、フットサルといったフットボールを通じた社会貢献を行うために結成されました。 世界で最も競技人口が多く、最も愛されているスポーツのひとつであるフットボール。その魅力を活かし、復興支援とこれからの防災減災に取り組むことにしました。想いを込めて応援する、そして、その先の感動をともに。

http://colojapan.asia

“social football COLO”はサッカー、フットサルといったフットボールを通じた社会貢献を行うために結成されました。 世界で最も競技人口が多く、最も愛されているスポーツのひとつであるフットボール。その魅力を活かし、復興支援とこれからの防災減災に取り組むことにしました。想いを込めて応援する、そして、その先の感動をともに。

social football COLO

この記事を読んだ方におすすめの記事

Interview

HITOTOWAの声