NEXT POST

Staff Blog/まちのね浜甲子園:皆さんの避難所はどこ?

2018-05-23

皆さんは「避難所」というとどんな場所をイメージするでしょうか?

小学校の体育館や教室、公民館などに身を寄せ合って避難している様子をイメージされる方が多いかもしれません。

では災害が発生すると、実際に皆さんはどこで生活することになるのでしょうか?

ここ浜甲子園団地エリアにおいても、西宮市が指定する近隣の避難所の収容人数を見てみると甲子園浜小学校1,330人、浜甲子園中学校1,130人、西宮東高校1,790人となっています。

一方で、甲子園浜小学校区では1万人を越える方が暮らし、近隣エリアも含めると数万人の人が暮らしています。時間帯によっては、働きに来ている人などもいるかもしれません。

もちろん津波被害の有無など災害の種類や程度にもよりますが、指定避難所に入れないことが容易に想像できるのです。仮に入れたとしても高齢者から乳幼児まで多くの世代・立場の人が集まる指定避難所での生活は様々なストレスも考えられます。(下の写真は甲子園浜小学校)

そんな状況も踏まえると、特に建替え直後の団地や、新築マンション、新築の戸建てにお住まいの方は、自宅で避難生活を送ることを想定しておく必要があります。

「自宅で避難生活??それ避難ちゃうやん??」と思った方もいるかもしれません。

被害状況にもよりますが、電気・水道・ガスが使えなくなり、携帯電話やインターネットが繋がらず、車が使えなくなり、電車・バスも動かず、更に近隣のお店にも物が売っていない。こんな状況に陥る状況も考えられるのです。

そうなると自宅が避難所となり、自宅で避難生活をおくることになります。

 

飲料水や食料は確保できていますか?トイレはどうしますか?どうやって情報を入手しますか?困った時に頼れるご近所さんはいますか?

まずは各自で、そして近隣の人たちと協力しあってこのような状況を乗り越えていく必要があります。もちろん小学校などの指定避難所に避難することになったとしても、同じことが言えます。

 

受け身で支援を待つのではなく、変化する状況のもとで適切な行動をとり、近所の困っている人を助けることができるような「よき避難者」にひとりひとりがなっていくことが大切であると思っています。

次回以降、こうした「よき避難者」となるために、過去の災害を経験した人の声を参考にしながらその備えについて考えてみたいと思います。

キーワード

まちのね浜甲子園

浜甲子園団地再生事業地域が「あたたかいつながり、ぬくもり、やさしさがある街」として続くためのお手伝いをする「一般社団法人 まちのね浜甲子園」。 街を守られてきている方々、そしてこれからこの地域で活動する方々と連携・協働を始めます。ここに住む皆さんも同じ街を守る仲間です。日々の暮らしの中で、ゆるやかなつながりを保つ街を一緒に築きましょう。

http://machinone-hamaco.org

まちのね浜甲子園