2020-05-27

Jリーグ・Jクラブ応援企画 social football SESSION「Jクラブの経営と新型コロナ」 を開催致しました。

==social football SESSION「Jクラブの経営と新型コロナ」イベント概要==

日時:2020年5月26日(火)18:00〜19:30

ゲスト:渡辺 淳さん(AC長野パルセイロ 取締役社長 兼 ビジネス本部長)
    高島 祐亮さん(ガイナーレ鳥取 経営企画本部長)
    市原 侑祐さん(水戸ホーリーホック経営企画室 兼 GM補佐)
ファシリテーター:荒 昌史(HITOTOWA INC. 代表取締役)

主催:social football COLO
=====================================

social football COLOは、social football SESSION「Jクラブの経営と新型コロナ」を5月26日に開催致しました。

social football COLOは、これまでにもサッカー防災®︎ディフェンス・アクションや、
Jリーグ社会連携プロジェクト「シャレン!」を推進し、JリーグやJクラブと共に事業を行ってきました。

緊急事態宣言は解除されましたが、Jリーグは開幕節以降、試合を再開することが出来ていません。

しかし、そんな状況でもJリーグ・Jクラブは、
ホームタウンをはじめ、地域、人々のためにさまざまな取り組みを行っています。

そんなJリーグ・Jクラブを応援したいという気持ちから、本イベントを実施しました。

クラブの状況を知ってもらい、新型コロナウイルスに打ち勝つために、私たちに出来ることは何か?

Jクラブは、今後どのようなことが出来るのか?

「Jクラブの経営と新型コロナ」をテーマに、Jクラブで働く素敵なゲストをお迎えして、
60名を超える視聴者の方と共に、ホームタウンのような雰囲気でイベントを行いました。

それでは、トーク内容を振り返っていきたいと思います。

ファシリテーターを務めるHITOTOWA INC.の荒が、
新型コロナウイルスの中、クラブの経営は問題なかったのか、
その中でわかったプラス面とマイナス面について、ゲストの3名にお話を伺います。

AC長野パルセイロの渡辺淳さんは、
「試合を開催することができないことはとても残念だが、クラブの経営を見直す時間を取れている。
一方で、試合の収入を得ることができないので、キャッシュフローをどのように回すのか、
今年1年をどうやって乗り越えるのかを常に考えている。」

ガイナーレ鳥取の高島 祐亮さんは、
「1つのクラブでなくJリーグ全体として、試合の価値を見つめ直す機会なのではないか。
試合をすること以外にも、選手と一緒にクラブが地域やサポーターのために、どんなことができるのか考える時間を取れている。そういった点はプラスだと考えているが、
試合ができないことで収入が減るのに、試合を行わなくても固定費としてかかるコストが多くある。
しかし、鳥取県や国がサポートしてくれている部分もあるので、地域から支えられているのを感じる。」

水戸ホーリーホックの市原 侑祐さんは
「試合ができない状況で、このままでは経営を回していくことは難しい。一方で、組織の内側に目をやることに注力していた。
スタッフ同士のコミュニケーションやアプリの導入などを通して、ポジティブな輪をクラブに広げていった。
今後Jリーグが再開するときに、クラブの団結力が高まっている状態を作りたいと思っている。
選手も、オンラインイベントの参加や自宅できるコンテンツの取り組みなど、前向きに捉えてくれている。」

試合があるときには、なかなか手をつけることが出来ていなかった組織の課題解決や、
試合以外のコンテンツ拡充に対して、チャレンジをしていることが伺えました。

また参加者の方から多くのご質問もいただき、
フリートークを交えながらイベントが進んでいきます。

・経営ポートフォリオをどのように見直すべきか?
・スポンサーとの関係性は?
・オンライン化の可能性や課題は?
・無観客試合てどうなの?

全ての質問にお答えすることが出来ないほど、活発なトークが繰り広げられました。

またJリーグ・Jクラブが取り組んでいる、
Jリーグ社会連携プロジェクト「シャレン!」の話にもなり、
参加者の方から、Jクラブをつかってこんなことをやりたい。といった意見もいただきました。

サッカーの持つ、競技だけにとどまらない社会や地域貢献価値を広げ、
地域をより良く、笑顔にするための取り組みを行っていきたいですね。

<Jリーグ社会連携プロジェクト「シャレン!」はこちらからご覧いただけます。>

最後はゲストの皆さんから、
「やっぱりJリーグ好きなんだよね。」という言葉もいただきました。

新型コロナウイルスの感染リスクは、まだなくなっていません。
Jリーグのある週末が戻ってくるよう、感染をしない・広げないために、いまできることを着実に行なっていきましょう。

ご参加いただいた皆さま
ゲストの皆さま
本当にありがとうございました。

social football SESSIONは、第2回目も開催予定ですので、皆さまのご参加を心よりお待ちしております。

キーワード
social football COLO

social football COLO

“social football COLO”はサッカー、フットサルといったフットボールを通じた社会貢献を行うために結成されました。 世界で最も競技人口が多く、最も愛されているスポーツのひとつであるフットボール。その魅力を活かし、復興支援とこれからの防災減災に取り組むことにしました。想いを込めて応援する、そして、その先の感動をともに。

http://colojapan.asia

“social football COLO”はサッカー、フットサルといったフットボールを通じた社会貢献を行うために結成されました。 世界で最も競技人口が多く、最も愛されているスポーツのひとつであるフットボール。その魅力を活かし、復興支援とこれからの防災減災に取り組むことにしました。想いを込めて応援する、そして、その先の感動をともに。

social football COLO

この記事を読んだ方におすすめの記事

Interview

HITOTOWAの声