写真

佐藤 祥子

シニアプランナー
得意分野:調査研究、コミュニティビジネス

1992年生まれ。小学校までをタイで過ごし、通信制高校を経て法政大学法学部法律学科に進学。東日本大震災をきっかけに、岩手県大槌町での復興支援と都内での防災活動に取組む学生団体を設立。千代田区内の学生や社会福祉協議会とともに、物産展や被災地支援ツアー等を行った。

安心して暮らせる社会の仕組みづくりがしたいとの思いから、2014年より地理情報サービスを扱う民間企業でマーケティングを担当。その後、より身近な地域の課題解決に関わりたいと考え、2016年よりNPO法人NPOサポートセンターに所属。非営利組織を対象とした研修事業を主管するほか、自治体の協働推進拠点の企画・運営等に携わり、NPO・行政・企業が取り組む社会貢献活動のコーディネートや事業の立ち上げ・運営にかかる相談支援、広報誌のディレクション等を実施。また、社会貢献分野で働く女性たちが協働で課題解決を行うN女プロジェクトにも取組んでいる。

さまざまな社会課題に触れる中で、地域における子育てや家族の多様な在り方をサポートしたいと考え、HITOTOWAでは社会的養護分野の調査研究事業に従事。厚生労働省2020年度「子ども・子育て推進調査研究事業」における「特別養子縁組制度の改正を踏まえた年齢要件の緩和及び手続の改正に係る事例に対する支援のあり方に関する調査研究」等に携わる。

関連するProject

HITOTOWA

HITOTOWA

人と和のために仕事をし、企業や市民とともに、都市の社会環境問題を解決します。 街の活性化も、地域の共助も、心地よく学び合える人と人のつながりから。つくりたいのは、会いたい人がいて、寄りたい場所がある街。そのための企画と仕組みづくり、伴走支援をしています。

http://hitotowa.jp/

人と和のために仕事をし、企業や市民とともに、都市の社会環境問題を解決します。 街の活性化も、地域の共助も、心地よく学び合える人と人のつながりから。つくりたいのは、会いたい人がいて、寄りたい場所がある街。そのための企画と仕組みづくり、伴走支援をしています。

HITOTOWA

この記事を読んだ方におすすめの記事

Interview

HITOTOWAの声