メンバー紹介

荒 昌史

代表取締役
得意分野:エリアマネジメント、マンションコミュニティ、CSR/CSV、防災減災、サッカー防災、環境問題

1980年東京生まれ、埼玉育ち。県立浦和西高校出身。2004年早稲田大学政治経済学部卒業後、株式会社コスモスイニシア入社(当時リクルートコスモス)。

2006年新規事業コンペ最優秀賞を受賞し、CSR専門部署を設立。以降、CSR全般を中心に、コーポレートブランド、住宅企画・プロモーションを担当。携わった住宅が複数物件グッドデザイン賞を受賞。

2010年独立、HITOTOWA INC.を創設。集合住宅を軸にした人々のつながりをつくることで都市の社会課題を解決するネイバーフッドデザイン事業をはじめ、CSR/CSVコンサルティング事業、ソーシャルフットボール事業を展開し、国際交流基金・2012年度日印社会起業家交流事業に選出される。

また、2005年から神奈川県を中心に自然体験を行うNPO法人GoodDayを創設し、環境省・2010年度循環型社会地域支援事業に採択される。

東日本大震災を経て、マンションや商業施設などで防災減災研修を行い、自助・共助ができる「よき避難者」を育てる「Community Crossing Japan」、サッカー・フットサルを通じて震災復興と防災減災を行う「social football COLO」を立ち上げる。

2015年度マニュフェスト大賞 優秀復興支援・防災減災賞を受賞。自身がプロデュースに関わった「西新宿CLASS in the forest」「そなえるカルタ」にて2015年度グッドデザイン賞を受賞。
 
2015年度Jリーグ・ヒューマンキャピタル(現スポーツ・ヒューマンキャピタル)第一期MVP。2017年度Jリーグ社会連携検討部会委員を務める。

自然素材にこだわった「天然住宅」に在住。 夢は、スポーツクラブ・コミュニティ施設の経営を行いながらネイバーフッドデザインを展開し、地域活性化を果たすこと。

ARA MASAFUMI

葛西 優香

ディレクター、防災士
得意分野:エリアマネジメント、マンションコミュニティ、防災減災、サッカー防災

1986年大阪府豊中市生まれ。府立豊中高等学校出身。2009年に同志社大学経済学部を卒業後、株式会社 リクルート入社。住宅事業部 営業担当。入社2年目の2010年、準MVPを受賞。2011年、同事業部内、編集担当。

2012年、夢だった「話し手」の仕事に就くため独立。フリーのラジオパーソナリティーとして活動。ラジオの中でも「防災ラジオ」の重要性を感じ、フリーから転身。2013年、葛飾エフエム放送 株式会社に入社。

災害時、役に立つ媒体を確立するため、レポーター、企画構成、ディレクターを担当。2014年には葛飾区役所防災課と協働し、区内初の「Shake Out(シェイクアウト)訓練=葛飾区いっせい防災行動訓練」を区民 約1万3000名参加の上、実施。

阪神淡路大震災、東日本大震災での被害を身近に経験し、日常が一瞬で変化してしまうことを実感。少しでも被害を減らすために、共助で助け合う上で重要な『日頃の地域のつながり』の創出に携わりたいと一念発起。2015年10月より、HITOTOWA INC.に所属。

防災士の資格を取得し、地域の防災減災の課題解決に主に携わっている。埼玉県三郷市「みさと団地」のミクストコミュニティ形成事業を担当し、地域の担い手育成に尽力。サッカーと防災減災を同時に学ぶ「social football COLO」、よき避難者を育てる「Community Crossing Japan」を推進している他、既存のコミュニティスペースなど「人が集う場所」において、有事の際、被害0を目指して、ソフト・ハード面における強化事業に携わっている。

将来の夢は、教育機関で「防災減災のために必要な地域のコミュニティ」についての授業を開講すること。

葛西 優香
KASAI YUKA
西郷 民紗

西郷 民紗

ディレクター
得意分野:CSR/CSV、マンションコミュニティ、子育ての支援、調査研究・評価

2007年に立教大学コミュニティ福祉学部を卒業後、株式会社コスモスイニシアに入社。住宅分譲事業の営業・プロジェクトマネージャーを経て、商品企画、統括部門を担当。営業や顧客満足における各優秀賞受賞。社内の有志と途上国の貧困家庭のための住宅建設プロジェクトを実施。

1年間の育児休業を経て、2012年に仕事復帰と同時に、東京大学大学院総合文化研究科「人間の安全保障」プログラム入学。職場と周囲の理解のもと、仕事と毎日の保育園のお迎えの合間に大学院に通い、ソーシャルビジネスと社会的責任(Social Responsibility)を研究。2014年、一高記念賞を受賞、同年卒業。

2014年より、日本財団に所属。ソーシャルイノベーション本部にて、児童福祉分野の助成事業と企業人材のプロボノ支援を担当。主に、児童福祉法改正・養子縁組あっせん法などの法制度への政策提言や官民連携のネットワーク推進、社会的養護等の子ども分野の調査研究に従事。

地域での子育て支援や虐待予防につながる事業に取り組みたいと、2017年にHITOTOWAに入社。これまでに、賃貸マンションのフロール新川崎における「子育て」と「防災」を主軸にした自治コミュニティづくりと、その意識調査や評価に取り組む。

年間100冊の読書が目標。夢は、ひ孫の世代に「ありがとう」といわれる仕事をすること。

SAIGO MISA

津村 翔士

ディレクター
得意分野:スポーツを通じた社会課題の解決、防災減災、サッカー防災

1983年兵庫県宝塚市生まれ。兵庫県立星陵高校を卒業し、2003年に大阪大学文学部に入学。学生時代は海外インターンシップ事業を行っている、学生NPO団体AIESECに所属し、大学4年時に関西支部代表も務めた。自身もインド・ジャイプールで養護学校の運営サポートを行うNGO研修に参加した。

2008年4月、株式会社リクルートに入社。中小企業向けの新卒・中途採用支援のための求人メディア提案営業、派遣会社向けの集客支援営業などを行い、営業MVPも多数受賞。同社で新規事業開発に携わり、ある大手上場企業への取り組みが全社ARINA賞を受賞。2015年にマネージャー昇進。福岡で約60名のメンバーとともに福岡県内の求職者と求人企業のマッチングを推進した。

地域活性という切り口でビジネスに携わっていきたいという想いの元、Jリーグと立命館大学が、プロスポーツ界に向けて経営人材を輩出するという目的で立ち上げたSHC(スポーツヒューマンキャピタル※旧称JHC=Jリーグヒューマンキャピタル)の第1期生として、同講座を受講。そこでHITOTOWA代表の荒と出会い、かつ自身が阪神・淡路大震災、東日本大震災、熊本地震を身近で経験していることもあり、2017年5月にHITOTOWAに入社。現在は、ザ・パークハウス西新宿タワー60のコミュニティ形成イベントの企画運営を行いながら、social football COLOのリーダーとして、COLO CUPやSMILE CUP、ディフェンス・アクション・キャラバン活動の推進を行なっている。

趣味は登山。毎年夏には3000m級の山の頂を目指している。
座右の銘は「Where there is a will,there is a way.(意志あるところに道がある)

津村 翔士
TSUMURA SHOJI
寺田 佳織

寺田 佳織

プランナー、管理業務主任者
得意分野:マンションコミュニティ、建物修繕、防災減災、お年寄りの生きがいの創出

1989年埼玉県生まれ。私立浦和明の星女子高等学校出身。2014年法政大学大学院デザイン工学研究科を修了後、大和ライフネクスト株式会社に入社。同年に管理業務主任者を取得。分譲マンションにおける修繕工事の現場管理、営業・コンサルティング業務を担当。

大学・大学院に所属していた研究室では、科学研究費補助金・基盤研究(A)『アジアの都市住宅の類型に関する史的研究』の一端を担い、上海の近代集合住宅を研究。同研究の為、2012年中国政府奨学金生として上海の同済大学建築都市計画学院に留学し、中国語を習得。フィールドワークや実測調査を通して、建築や空間がコミュニティ形成に与える可能性を示し、修士論文として成果をまとめる。その他、法政大学出版局『水都学Ⅱ』に学士研究を寄稿。

2014年に大和ライフネクスト株式会社に入社。分譲マンションにおける修繕工事の現場管理業務に従事し、建物を維持管理していくノウハウを学ぶ。その後、約120棟のエリア担当として、修繕工事の営業・コンサルティング業務に従事。

都市集合住宅における豊かな暮らしの創出の為、より多角的に居住者と関わっていきたいと思い、2017年6月HITOTOWA INC.に入社。これまでの経験を活かし、マンションコミュニティ形成を軸に再開発にともなうエリアマネジメントなど、様々な企画提案を担当している。

趣味は、旅をすること。大学3年の夏には、世界一周旅行を果たす。当時は、世界遺産巡りを目的に旅をしていたが、現在は、時間をかけて暮らすように旅をしたいと考えている。

TERADA KAORI

高村 和明

ディレクター、一般社団法人まちにわ ひばりが丘 事務局長
得意分野:エリアマネジメント、マンションコミュニティ、子育ての支援、環境問題、サッカー防災

1985年生まれ。埼玉県所沢市育ち。県立川越高校出身。2009年に東京学芸大学環境教育専攻を卒業後、株式会社コスモスモアに入社。大学時代は学業の傍ら、同大学のサークルちえのわに所属し、子どもたちを対象とした自然体験教室を企画運営。サークル運営を通して稲作や畑作、野外活動のスキルを学ぶ。

また、2006年からは、NPO法人GoodDayに所属し、ビーチクリーンや森づくり、チャリティイベントなど、参加型の自然体験・環境イベントの企画運営に携わる。2014年からは同法人の代表理事に就任。持続可能なライフスタイルを選択する社会の実現にむけた企画を日々進めている。

2009年に株式会社コスモスモアに入社。モデルルルーム設営事業に従事しながら、同社のCSR推進室に2012年から兼務となる。主に環境活動を担当し、さらに、東日本大震災を機に、復興支援の取り組みを推進。主な実績として、入社3年目の2011年に同社にて年間優秀賞を受賞。

また、2013年から元サッカー日本代表の加藤久さんがリーダーを務める「陸前高田クラブハウス建設プロジェクト」にコスモスモアの代表として参画し、プロジェクトマネジメントや設計サポートを行った。

2014年9月からHITOTOWA INC.に所属。建築、環境問題、イベント企画運営の知識やスキルを活かし、ネイバーフッドデザイン、CSRコンサルティング、ソーシャルフットボールの現場統括を担当。その後、一般社団法人まちにわ ひばりが丘の現地常駐事務局長に着任。まちにわ ひばりが丘が2015年度グッドデザイン賞を受賞。

好きなスポーツはサッカーとスキー。将来の夢は多世代の人々が集うカレー屋を経営すること。

高村 和明
TAKAMURA KAZUAKI
田中 宏明

田中 宏明

プランナー、一般社団法人まちにわ ひばりが丘 常駐事務局
得意分野:エリアマネジメント、コミュニティビジネス、サッカー防災

1991年長野県飯田市生まれ。学校教員ばかりの家族の中で育つ。学生時代はサッカー部に所属。

筑波大学人間学群心理学類に在籍中、地域と大学を結びコミュニティを育む場として学生運営のカフェを友人たちと立ち上げ。また、研究では東日本大震災の復興支援に関わるボランティア組織メンバーの活動継続意思について調査。現地入りをしながら、地域コミュニティに関わることへの関心を強める。

大学4年次には休学を決め、コミュニティデザインに取り組むstudio-Lにて半年間のインターンを経験。主に中山間地域におけるまちづくりに関わる。その後休学期間の後半にはHITOTOWAへインターンとして参画。主にネイバーフッドデザイン事業、ソーシャルフットボール事業に取り組み、都市部での課題解決に向けた実践を重ねる。

大学卒業後はこれからの働き方を模索しながら、フリーランスとして複数のまちづくり関係のプロジェクトに従事。同時に、HITOTOWAが取り組むひばりが丘団地再生事業区域のエリアマネジメント業務に現地スタッフとして常駐する。

2017年4月よりHITOTOWAに入社。一般社団法人まちにわ ひばりが丘の事務局スタッフとして、住民主導のイベント企画やメディアづくりに取り組む。

夢は、年齢を重ねても、関わった地域の人たちとお酒を酌み交わしながら、一緒に暮らしを楽しむような企てを続けられること。

TANAKA HIROAKI

奥河 洋介

ディレクター、一般社団法人まちのね浜甲子園 事務局長
得意分野:エリアマネジメント、防災減災、ワークショップデザイン

1980年兵庫県西宮市出身。兵庫県立西宮北高等学校、関西学院大学経済学部卒業。大学では体育会ラグビー部に所属し、チームで目標に向かって取り組む。2003年富士通株式会社に入社。首都圏の製造業向けにITシステム導入の営業を担当。
 
2008年JICA青年海外協力隊として、西アフリカ・セネガルに2年間派遣される。現地語を習得し、野菜栽培指導や女性グループの組織化などを実施。経済的に貧しくても、明るく助け合いながら豊かに生きるセネガル人に大きく影響を受ける。
 
帰国後、兵庫県養父市で古民家に住み込み、地域コミュニティの活性化を支援。その後、東日本大震災後の宮城県南三陸町を中心に、復興まちづくり推進員のコーディネートや高台移転・防潮堤事業の住民合意形成に2年間関わる。2014年からは大阪市コミュニティ協会に所属し、淀川区まちづくりセンターのアドバイザーとして、小学校区ごとの自治組織である地域活動協議会の運営・活動を支援。
 
2017年4月よりHITOTOWA INC.に所属。生まれ育った西宮市で、浜甲子園団地再生事業区域のエリアマネジメントを主管。一般社団法人まちのね浜甲子園の事務局として、地域のコミュニティスペースであるHAMACO:LIVINGに常駐し、困った時に安心して頼れるつながりのある暮らしづくりのサポートを行う。
 
趣味はスポーツ観戦(特にラグビー、そして阪神タイガース)。好きな食べ物はカレーとビール。地域コミュニティでたくさんの人と関わりながら、ドキドキ・ワクワクな毎日を過ごし、地域に追い風をつくるような存在になることが目標。老後の夢は世界中を旅すること。

奥河 洋介
OKUGAWA YOSUKE
青山 めぐみ

青山 めぐみ

プランナー、一般社団法人まちのね浜甲子園 常駐事務局
得意分野:エリアマネジメント、お年寄りの生きがいの創出、グローバルビジネス

1983年大阪府生まれ。小さい頃から一人で何かを作って遊んでいるような子どもだった。関西大学総合人文学部インターディパートメントヒューマンサイエンスコース卒業。

学生時代はワーキングホリデーでニュージーランドに滞在したり、5ヶ月間にわたる世界一周ひとり旅を敢行した経験から異文化や多様性に強い関心を抱くようになる。

多様性を重視しつつグローバルな仕事ができると考え、2007年ダイキン工業株式会社入社。低温事業本部営業部にて舶用エアコン及びコンテナ用冷凍装置の営業企画・貿易実務を担当。グローバルでありながら社内でも少ないユーザーダイレクトの営業部でダイナミックな仕事にやりがいを感じ、物流コスト削減や世界各地の営業拠点及び取引先との調整業務に奔走する。2013年、社内の女性活躍推進メンバーに選抜される。

プライベートでは2012年よりプロボノ活動を開始。大阪のアートNPOの事業計画立案支援プロジェクトにビジネスアナリストとして参加。また、お針子さんだった祖母の影響で手芸も始め、2013年頃から刺繍作品を製作するようになり、2016年2月・2017年3月阪急百貨店主催コンテンポラリー刺しゅう展へ出展。

縫製を祖母が担当する形で協働を試みたことから、将来は祖母のような縫製技術を持つ人と若者世代をつなぐ仕事がしたいと考えるようになり、2017年7月HITOTOWA入社。まちのね浜甲子園でのエリアマネジメントに従事。

AOYAMA MEGUMI